ADHDの治療

ADHDの治療に用いられるストラテラをご存知ですか?ストラテラで集中力がアップします。 - ADHDの治療

ADHDの治療

ADHD「注意欠陥多動性障害」で悩んでいる人にとって、気になるのがその治療法ではないでしょうか?
ADHDの治療法は様々ですが、その中から自分に合った方法を選択する必要があります。
この治療法の一つに、「ステラテラ」などを使用した薬物療法があります。

ADHD「注意欠陥多動性障害」ついて

ADHD
ADHDというのは、注意欠陥、多動性障害のことです。
英語の「Attention Deficit Hyperactivity Disorder」の略称で、不注意、多動性、衝動性の3つの症状が特徴です。
不注意は集中力が足りない、多動性はじっとしていることができない、そして衝動性は考えることなく行動してしまうことです。
これら3つの症状は発達障害であり、年齢とは釣り合わない行動を取ります。
そのため、学校生活や社会生活に支障をきたすことが多いです。
ADHDの原因は様々なことが挙げられていますが、残念ながら現代医学ではまだ確実な要因は解明されていません。
現段階では色々な要因がありますが、その中でも有力視されているのが、脳内の前頭葉機能の異常です。
前頭葉というのは脳の前部に位置しており、論理的思考などの作用があります。
この部分に何かしらの支障をきたすと、最初に五感からの刺激を感じにくくなります。
そのため思考能力が低下し、集中したり考えたりするのが苦手になってしまいます。

ストラテラについて

注意欠陥多動性障害は脳の先天的な機能障害に加え、様々な環境要因がそれぞれ影響して引き起こされます。
以前は子育ての内容が問題になっていましたが、最近は違う方向に向きつつあります。
そしてこのADHDの改善方法の一つに、「ストラテラ」という処方薬があります。
この薬はADHDの治療用として承認されている薬であり、その他にも「コンサータ」があります。
これら2つの薬が、注意欠陥多動性障害の治療薬として承認されています。
どちらの薬も医師によって処方されますので、薬局などでは購入できません。
2003年にアメリカで発売されて以来も、ストラテラは世界各国で使われるようになりました。
日本では2009年に承認されましたが、この時は18歳未満の子供に限定されていました。
また2012年には18歳以上の方にも承認が拡大され、それ以来、幅広い年齢層の人たちに処方されています。
しかし6歳未満の子供に対する安全面の有効性は、いまだ解明されていないのが現状です。

使用法について

ADHDの子供
ストラテラには、アトモキセチン塩酸塩と呼ばれる成分が入っています。
このアトモキセチン塩酸塩は、脳の前野部分に多く存在している、ノルアドレナリンを活性化させる作用があります。
さらにドーパミン代謝の調節の効能もあり、症状改善に役立っています。
これらの効果を有効なものにするためには、用法についても注意する必要があります。
ストラテラは飲み薬です。
現在はカプセルと液体薬剤があり、患者さんの症状に合わせてそれぞれ処方されます。
18歳未満の子供は体重によって決められた量を1日2回処方されます。
また成人は体重とは関係なく、決められた量を1日1〜2回に分けて処方されます。

正しい用法を守ってください

ADHD「注意欠陥多動性障害」ですが、その原因は現段階ではまだ解明されていません。
原因としては様々なことが考えられていますが、その中で有力視されているのが脳内の前頭葉機能異常です。
治療法としては心理社会的療と薬物療法があり、後者の薬物療法として使用されているのが「ストラテラ」になります。
処方薬の効果を最大限発揮するには、使用法にも注意する必要があります。

Copyright(C)2017 ADHDの治療 All Rights Reserved.