ADHDの治療

ADHDの治療に用いられるストラテラをご存知ですか?ストラテラで集中力がアップします。 - 二次的障害について

二次的障害について

大人、子供に限らず、ADHDを治療する時は、二次障害にも注意する必要があります。
ADHDの症状が改善しても、二次障害が出ては意味がありません。
二次障害ですが、具体的には合併症と併存症状があります。

合併症について

ADHDを治療する場合、合併症や併存症などの二次障害にも気をつけてください。
このような二次障害は、ADHDの適切な治療、またサポートを受けられない時に発生することがあります。
また、他の発達障害と一緒に現れることも少なくありません。
注意してもらいたい合併症は次のものです。
うつ病不安障害引きこもり不登校反抗挑戦性障害アルコール依存症などです。
このような障害は、思春期に現れやすいと言われています。
子供に合った方法で対処しないまま放置しておくと、自信喪失や無気力になってしまう可能性があります。
そしてそのような状態が継続してしまうと、合併症を引き起こしやすくなります。
そのためまずは、本人の周辺環境の整備や、周囲の協力を求めるようにしてください。

併存症

ADHDと一緒に現れやすい併存症として、次のものがあります。
てんかん自閉スペクトラム症自閉症スペクトラム障害学習障害トゥレット症候群などです。
これらの症状は、疾病や障害と併存することが多いので、症状が分りづらい場合が多いです。
そのため、具体的に対処が困難になるケースも少なくありません。
治療の際は、専門医のサポートを受けながら適切な処置を施すことが重要です。

専門医のサポートが重要です

ADHDの治療法は様々ですが、治療の際は合併症や依存症などの二次的障害にも注意する必要があります。
これら二次的障害は、適切なADHD治療やサポートを受けられない時に生じる場合が多いです。
そのため治療を受ける時は、専門医の指導のもとに行うようにしてください。

関連する記事

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →
Copyright(C)2017 ADHDの治療 All Rights Reserved.