ADHDの治療

ADHDの治療に用いられるストラテラをご存知ですか?ストラテラで集中力がアップします。 - 子供への接し方

子供への接し方

ADDの治療法は様々ですが、子供の場合、接し方にも注意する必要があります。
接し方を工夫することで、症状が改善される場合があります。
ここでは、子供の接し方のポンイトを紹介します。

具体的方法の提示

子供のADHDは、まず接し方に気をつけてください。
一番大切なのは、お子さんの特性を理解してあげることです。
お子さんによって実際の症状は様々ですので、一人一人に合った方法を選択する必要があります。
そのためには、具体的な方法を提示してあげることが大切です。
お子さんに接する場合、口頭で行う親御さんもいます。
しかし、口頭での指示は子供に伝わりにくいことが多いです。
そのためお子さんに接する時は、文字、絵、チェックリストなどの視覚情報を使って具体的な方法を提示するといいでしょう。
特に突然の変更は対応しづらい面もありますので、できるだけ分かりやすく伝えることが大切です。

良い点を褒めてあげる

子供のADHDの治療ですが、子供の良い点を褒めてあげるのも一つの方法です。
お子さんが言う通りにできたら、その場ですぐに褒めてあげてください。
この時、お子さんに目を合わせて伝えることが大切です。
自分の嬉しい気持ちを、そのままの形で表現してください。
このようにして褒めてあげると、精神面がやすらぎ病気が改善されることもあります。
適切な行動を取ることができたら、積極的に褒めてあげると喜んでくれます。
「よくできたね」、「がんばったね」、「おめでとう」など、どんな言葉でも構いません。

日頃の接し方に注意してください

ADHDは、大人と子供で治療法は異なります。
特に小さいお子様の場合、接し方にも気をつける必要があります。
口頭だけでなく、視覚情報などを使って分かりやすく伝えることが大切です。
また、褒めてあげることも忘れないでください。

関連する記事

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →
Copyright(C)2017 ADHDの治療 All Rights Reserved.