心理・社会的療法

治療方法

ADHDの症状でお悩みの方は、早めの治療が大切です。
症状が悪化すると、家庭や職場にも迷惑がかかります。
実際の治療法としては、心理社会的療法と、ストラテラなどの薬物療法があります。
ここでは、心理社会的療法を紹介します。

心理社会的療法について

大人のADHDの治療方法として、心理社会的療法を行う医療機関もあります。
大人でADHDの診断を受けたら、まずは現在の環境を改善することが大切です。
心理社会的療法は、社会性や対人関係能力を身に付け、普通の生活が送れるようにする治療法です。
実際はそれぞれの状況に応じ、症状を抑えるためのストラテラなどの薬物療法を併用する場合もあります。
心理社会的療法でまず行うのは、環境調整の方法です。
環境調整は、まず本人が自身の特性を理解することからはじめます。
この場合、困難と感じない生活環境や人間関係などの見直しなども含まれます。
自分で努力、工夫できることは自分で行い、その他の場合は、周囲が助けたり協力したりします。
その他にも、社会マナー、ルール、対人関係などを改善するための認知行動療法なども行います。
詳しいことは、専門の医療機関で指導してくれます。

治療での注意点

心理社会的療法を行うことで改善を見込めます。
この心理社会的療法を行う上で重要なことは、焦らないことです。
治療の効果はすぐに出てくるわけではありません。
治療にはある程度の期間が必要ですので、周囲の人たちにもADHD症状について理解してもらうようにしてください。
周囲の協力が大切な治療法と言えます。

気長に行う治療です

ADHDの完治は難しいですが、ある程度の改善はみ見込めます。
実際の治療法は、心理社会的療法と薬物療法があります。
心理社会的療法はすぐに効果は現れませんので、気長にやっていくことが大切です。

関連する記事

Comments are closed.