治療基準と薬物療法

治療方法

ADHDは日常生活や仕事などにも影響がありますので、できるだけ早く治療したいものです。
この病気の治療として、実際に行われているのが薬物療法です。
薬物療法では、ストラテラなどの専用薬を用います。

治療を行う基準について

ADHDは、不注意、多動性、衝動性が特徴の病気です。
人によって症状に差はありますが、その程度によっては社会生活などに影響が出ることがあります。
そのため、早めの治療が望まれます。
小さい子供の場合、ADHDでない時でも似たような行動をとることがあります。
しかしその行動が年齢や発達に比べて不釣り合いな時は、専門機関での診察をオススメします。
また大人の方で日常生活や社会生活での症状が目立つ時は、早めに医療機関に相談してください。

薬物療法について

ADHDの治療法の一つとして、薬物療法があります。
この薬物療法で使われる薬の一つが「ストラテラ」です。
専用の薬を服用することで、不注意、多動性、衝動性の症状が緩和されます。
しかし、この効果は薬を服用している間だけです。
また薬の効能には個人差がありますので、しっかり様子を見ておく必要があります。
さらに、人によっては副作用が現れる可能性もあります。
そのため、ストラテラなどの専用薬を使用する時は、医師と相談しながら服用することが大切です。
なおストラテラは、実際に効果が出るまでに約1カ月程度かかります。
効果としては24時間継続しますが、食欲不振などの副作用があります。
また治療の仕方によっては、ADHDとは異なる二次障害などが現れることもありますので注意してください。

不安な点は医師に相談してください

ADHDの症状を改善する方法として、ストラテラなどの薬物療法があります。
薬物療法は効果が出るまで1カ月ほどかかり、また効果は24時間程度ですので、様子を見ながら服用する必要があります。
不安な点がある時は、医師への相談をオススメします。

関連する記事

Comments are closed.